「WinX DVD Pipper」によるDVD動画のリッピング

「WinX DVD Pipper」によるDVD動画のリッピング

DVDの動画をパソコンに取り込みたいことがありますよね。
この行為は、一般的に「吸い出し」や「リッピング」と言います。

市販のDVDからの動画の「リッピング」には、フリーソフトを使ったり、市販のリッピングソフトを使います。

フリーソフトでは「WinX DVD Pipper」というソフトが有名。

そこで、実際にこれを使ってDVDのリッピングを行ってみました。

そして、画質をある程度下げて、動画ファイルのサイズを徹底的に小さくする設定を探しました。

結果、最も動画のサイズを抑えられた設定値が↓こちら。


DVDのリッピング


iPhone/iPadで再生するのにふさわしい設定というわけです。




上記の設定で吸い出した動画のファイルのスペックは↓こちら。
DVDのリッピング



ここで、十分に圧縮された↑この動画の比較対象として、高画質を維持したままの設定でリッピングを行い、動画を生成しました。
その高画質の動画のスペックは↓こちら。

DVDのリッピング

圧縮された項目は、以下の4項目。


・データ速度
・総ビットレート
 (=動画のビットレートと音声のビットレートとを合わせた動画全体としてのビットレート)
・フレーム率
・オーディオのビットレート

用途によっては、これらの値を無駄に高くしなくて良いと言えますね。

関連記事

  1. パソコン画面を録画するツールの一覧


Top