EclipseでPerlのデバッグ環境を構築する手順

EclipseでPerlのデバッグ環境を構築する手順

EclipseでPerlのデバッグ環境を構築する手順・方法を説明します。

Eclipseに「EPIC」という、Perlを扱うためのプラグインをインストールすることで、WindowsまたはMacの環境でPerlを開発できるようにします。

・まずEclipseの日本語環境を構築。
 ↓こちらからEclipseをダウンロード。
 http://mergedoc.osdn.jp/

・2016.8.25現在では、Eclipse4.6(Neon)だとEPICが動きません。
 これは64bit版Eclipse4.6でも32bit版Eclipse4.6でも同様です。

 64bit版Eclipse4.6にEPICプラグインをインストールした直後に新規でPerlプロジェクトを作ろうとすると、下記のような2種類のエラーメッセージが出ます。

eclipse EPIC エラーメッセージ

eclipse EPIC エラーメッセージ


 ↑「選択状態したウィザードは開始できませんでした。
プラグイン"org.epic.perleditor"は、クラス"org.epic.core.PerlProjectResourceWizard"をインスタンス化できませんでした。
java.lang.NullPointerException」
 というエラーメッセージが表示されました。

 ですので、EPICを使うには、Eclipse4.5(Mars)をインストールする必要があります。
 私は、64bit版Eclipse4.5(Mars)をインストールしました。

・Eclipse4.5(Mars)の64bit版をインストールしたら、次に、ActivePerlをインストール。
 http://www.activestate.com/activeperl

activeperlダウンロード

activeperlインストール


関連記事

  1. Thinkificで画像をアップロードできない場合
  2. JPEG画像の圧縮ソフト
  3. Blokenkinkcheckerのリンク切れ
  4. AmebloBIZ3の不具合
  5. WordPressのバックアップ
  6. cronの設定・書き方
  7. WordPressでトップページ以外が表示されない
  8. お名前.com(KVM)の初期設定
  9. WordPressの投稿入力欄のサイズを大きくする方法
  10. クールでかっこいいWordPressテーマVer.7のカスタマイズ


Top